2014年08月17日

「美しい」って、やはり魅力的なのですね

南くんが貸してくれた『風立ちぬ』のDVDを、ようやく見ることができました。まずは、感謝! 
最近は映画を鑑賞する機会がぐっと減っているので、貴重な時間になりました。

さて、映画に関してですが、宮崎駿作品としてはかなり変わったトーン。見ていて随分複雑な気持ちになりました。何だか宮崎監督の懺悔を見ている気がして…。
懺悔の対象は、飛行機と煙草ですね。どちらも「悪い」部分があるのだけれど、やめられない。「いや、良くないことは分っているんだけどね…」と。

『紅の豚』では、加藤登紀子さんに「バカ」と言ってもらうことが免罪符になっていましたが、『風立ちぬ』にはそうした欺瞞がありません。実際、『紅の豚』は極めて偽善的な構造を持っていました。ポルコ・ロッソは犯罪者を叩きのめさない(さらに言えば、殺さない)ことで、次の犯罪を発生させ、くり返し荒稼ぎをします。暴力がシステムと結託しているわけですね。

一方、『風立ちぬ』では飛行機は戦争の道具になることが何度も指摘されます。しかし、それにはえも言われぬ魅力があって、追い求めることをやめられない。「美しい」という形容が理想をあわらす言葉になっていました。
煙草に関しては、さらに分が悪いですね。結核の奥さんのとなりで煙草を吸うシーン(=奥さんが吸っていいと許す言葉)は、宮崎駿監督自身が求めている気がしてなりませんでした。

いささかうがち過ぎでしょうか? ただ、だからダメとかおもしろくなかったわけでなく、最後の作品として「ふさわしい」感じがしました。
変な言い方ですが、商業システムに入る前の「若さ」が感じられて、人はそういう風に出発点に戻っていくのかなぁ、と。そんなことを思いながら、見させてもらいました。


next4.png
posted by Kazuki at 20:33| 『日々これ紙片』

2014年08月16日

マレーシアでもテストプレイ!

11月のGame Marketで発表する新作を着々と準備しています。
制作資金の問題もある(からこそ、クラウドファンディングをやっているわけ)ですが、そこは何とかやりくりしていくつもりです。

そして、このゲームは青い街の代表作になるかも知れません。
タイトルは『Digital Numeral(電算数字)』です!
青い街のロゴは電算数字の「88」をかたどったものなので、法人化の第一作目が『Digital Numeral』というのは、誠にもって喜ばしい。
すでに内容はほぼ固まり、デザインもカードについてはおおむね出来上がっています。
例によって、というか、青い街史上最もシンプルです。

そして、今回は、何とマレーシアでテストプレイをやってもらっています。
ぼく自身がそこに行くわけではないのがちょっと残念ですが、彼の地にデータ一式を送り、試してみてもらっています。
テストプレイをしてくださっているのは、田原真人さんという物理の先生で、ネットを通じて知り合った方。青い街の「平和」の理念に深く共鳴してくださり、このところグッとやりとりが濃密になっている次第。

このゲームは二人用なので、場合によっては、オンライン版の開発が進むかも知れません。田原さんには、そこのところも練ってもらっています。
いろんなことがまだ可能性の段階ですが、喜んでいただけるご報告ができるよう、引き続き頑張ります!


next4.png
posted by Kazuki at 13:36| 『日々これ紙片』

2014年08月15日

すねてない

好きなマンガはいろいろあるけれど、強く影響を受けたという意味では、たぶん『タイガーマスク』と『あしたのジョー』だと思います。どちらも梶原一騎原作。ただし、『巨人の星』はちょっと違うかな。あんなにド根性ではないので。

で、今朝は歩きながら「タイガーマスクの伊達直人が全然すねてない」ことについて考えていました。朝っぱらから、しかも唐突に何を考えているのか? って感じですが、ここ数日はクラウドファンディングのことで頭が一杯なわけです。ご支援いただいて本当に嬉しく、そんなところからの発想でした。

ポイントはエンディングテーマ。「あぁ〜ぁ、だけど、そんなぼくでも」というフレーズです。その「そんな」がとても気になるわけですね、昔から。すごくすねてる感じなんだけど、根っからじゃない、と。伊達直人は親友の大門が虎の穴の試練に耐えられない時、手を貸していたりして、その頃だってすねてない。

起業当初はほとんどの方がそうなるようですが、自分の甘さに頭をかかえる感じで、ぼくもまた例外ではありません。そのタイミングでの、クラウドファンディング。暖かい応援メッセージやリンクのシェア、もちろん直接的なパトロネージュに対して「あぁ〜ぁ、だけど、そんなぼくでも」と、なっている次第。
「たとえどぶの中で倒れようとも、前のめりで死にたい」とは坂本龍馬の言ですが、まぁ、そんな感じにもなってきています。ちなみに、そのセリフは『巨人の星』の最終巻で出てきます。

何でもいいですが、小難しいことを考えていないで、マンガのことを書いてりゃ筆が進むのか? と、そんなところにも自分突っ込みです。


next4.png
posted by Kazuki at 21:03| 『日々これ紙片』

2014年08月14日

人生で初めてのお盆

ニューヨークにいた時期をのぞけば、とは、つまり日本にいる場合、お盆には必ず帰省をしてきました。半世紀近くになる人生のほぼ全て。
が、今年はいろいろあって東京にいます。
お盆を都心で過ごすのは、人生で初めてです。

両親ともに随分と老いてきているため、こんな顔でも見せに帰るのが親孝行と思うものの、それができずに申し訳なさで一杯。
受験勉強で忙しい子供たち(=孫)も帰省をしないため、なおさらそう思います。

お正月には帰省予定ですが、それはそれとして、来年の夏はぜひ広島で過ごしたい!
年をとったせいなのかな? あるいは、離れているからこそ、なおさらそう思うのか?
夏の実家が、ある種のユートピアに思える次第です。


next4.png
posted by Kazuki at 09:20| 『日々これ紙片』

2014年08月13日

ジブリのこと

解散ではないということですが、制作体制が大きく見直されるとの話。
経営状態としては、随分大変な感じだったのですね。
あらためていろんな事情が出てきていて、何だか胸が痛みます。

宮崎駿監督の作品では、やはり『カリオストロの城』が一番好きです。
30数年前になりますが、中学生の時に劇場で見て、
それはもう感動しきりでした。
ちなみに、地方の劇場だったので、『Mr.Boo/ギャンブル大将』
『がんばれタブチくん』との3本立て。
豪華というか、何というか、お昼過ぎに入って、映画館を出た時には
あたりが暗くなっていたことを今でも覚えています。
そして、『カリオストロの城』が3本目だったので、もう一巡は無理!
残念に思いながら、家路についたのでありました。


さて、好きなものを思い切り作りつつ、経済的にうまくいかない
というのは非難されがちです。
ジブリに関しても、少なからずそうした指摘を目にします。
で、これはもう謝るしかないですね。
「すいません」。
ジブリに代わってというのは変ですが、心情的にはそんな感じです。
昨日からクラウンドファンディングでご支援いただき始めたので、
一層気持ちがダブるのかも知れません。

今週末には、南くんが貸してくれた『風立ちぬ』を見るつもりです。
見る前から涙腺がゆるむ気配を感じています。


next4.png
posted by Kazuki at 22:01| 『日々これ紙片』

2014年08月12日

家族のくくり

わが家は、長男二人に次男・次女という家族構成です。
ぼくと長男、次男と妻というくくり。

で、ぼくと長男が自室にこもりがちなのに対して、
次男と次女のコンビはいつも居間で楽しそうにしています。
いや、それはそれでいいんです。
「仲良きことは美しき哉」ですし、
ぼくと長男にしても、一緒にいるのが嫌というわけでは
ありませんから。

全体としては、平和な家族だと思います。
ただ、そのくくりはどこでもそうなのかなぁ、と思ったり。
どうなんでしょう?


next4.png
posted by Kazuki at 22:59| 『日々これ紙片』

2014年08月11日

正しき者は弱くあれ

吉野弘さんの『祝婚歌』がけっこう好きなのですが、
中でも好きなのは
「正しいことを言うときは少しひかえめにするほうがいい
 正しいことを言うときは相手を傷つけやすいものだと
 気づいているほうがいい」
という一節です。

そもそも、ぼくは正面切って正しいことを言う人が苦手です。
いや、まぁ、得意という人はいないかも知れませんが、
頭がいい人に多いですよね、そのタイプは。

正しいというのは、語源からして征伐するという意味ですから
軍事的なんですね。
だから、なおさらひかえめにした方がいい、と。
国破れて山河在り… は、あんまり関係ないか…。

http://www5.plala.or.jp/kappa_zaru/shukukonka.html


next4.png
posted by Kazuki at 21:53| 『日々これ紙片』

2014年08月09日

速筆志向

会社を起こして40日ほどが過ぎました。
まぁ、いろいろと楽しかったり、大変だったりするわけですが、全く予想していなかったことが一つあります。
それは、「たくさん文章を書かなきゃいけない」ってこと。

新しいサイトを立ち上げたり、クラウドファンディングに申し込んだりと、特別なチャレンジはあるものの、それを抜いても四六時中「書く」ことばかり考えています。

どちらかと言えば遅筆な方で、書いた文章を「ああでもない、こうでもない」と考えるたち。「あんなに短い文章なのに?」ほっといてください。
ともかく、文体的にも今まではちと堅過ぎた感もあり、スピードとあわせて考え直した方がいいと感じています。

たしか志茂田景樹さんは、録音したしゃべりを書き起こしてもらってたんじゃないかな。それは極端な例ですが、ともかく流れるように文章が書けるようになりたい。いや、ならなければ、と思う今日この頃です。


next4.png
posted by Kazuki at 18:03| 『日々これ紙片』

2014年08月06日

贈り物の「時間」

プレゼントというのは、贈る人がもらった時の笑顔を思い浮かべながら選ぶものなので、ちょっとしたタイムカプセルのようなものだと思います。

そんなことを言えば「買い物」すべてがそうなのかも知れませんが、自分が使うものは自分の反応が分っているので、やはり現在に根ざしている感じがしますね。

「ひょっとしたら、さほど喜んではもらえないかも知れない」という、ある種の畏怖も含めて、それは未来に属している気がします。

http://aoimachi.net/photo_00/004.html


next4.png
posted by Kazuki at 22:55| 『日々これ紙片』

2014年08月05日

もし、明日死ぬとしたら

「今日自分はどう生きるか。それを毎日考える」。
2005年にスティーブ・ジョブスが行ったスピーチの一節です。
もう、9年も前になるのですね。
何だか、とても懐かしい感じです。

そして、そのスピーチは「もし今日が最後の日だとしても、今からやろうとしていることをするだろうか」と続きます。
さらに、「違うという答えが何日も続くようなら、何かを変えなければならない時期にきているということです。」と。

幸いにも、ぼくは今、やりたいことをやらせてもらっています。家族(特に妻)の理解があるからですが、もちろんとても大変な道のりです。
ジョブズとは比べるべくもありませんが、それでもなお、死ぬことを意識しながら生きています。

カードゲームというアイテムを選択するまでの話は本当に長くて、簡単にまとめることはできません。しかし、それをぼくの「人生の集大成」と呼ぶことはできるでしょう。
もし、明日死ぬとしたら…「再見」がぼくの遺作になります(笑)

http://aoimachi.net/cardgame.html


next4.png
posted by Kazuki at 17:37| 『日々これ紙片』