2013年08月03日

「崖っぷち」の感想

DVDで『崖っぷちの男』という映画を見ました。
http://disney-studio.jp/movies/gakeppuchi/

端的には「おもしろい」映画。ハラハラドキドキが危なげなく見られる、という形容矛盾がピッタリの優等生的サスペンスでした。
が、今となっては、見る側(要するに、こちら側)が変わってしまったなぁ、との感慨も大きく…。メタ視点なしには、ハリウッド映画は見られるなくなっている気がするのです。

歴史的に、ハリウッドはインディアン、ドイツ、日本、ソ連、イスラムなどを敵役にして、国家を正当化するカタルシス映像を提供してきました。さすがに、あまりにあからさまなものは抑制されてきましたが、それでも独特の「大げささ」は底流していて、そこのところのリアリティが薄れてきている次第。
犯罪に対するハイテクかつスピーディーなシステムを見ていると、「カッコイイ」と思う反面、「何をそんなに怖がっているのだろう?」との疑念がわくのです。この映画もそうでした。

別な言い方をすれば、ブラッドリー・マニングさんやエドワード・スノーデンさんが暴いた、国家の異様な活動。そのあたりが普通であることの感覚の違いを、悩ましく感じる次第です>ハリウッド映画鑑賞

next4.png
posted by Kazuki at 23:46| 『日々これ紙片』