2013年06月30日

決めるということ

江戸時代中期に書かれた『葉隠』。その中に決断について書かれた項がありました。大事なことは常日頃から考え抜き、決めておくので、決断を迫られても迷わない。小さいことは結果がどうあれ大したことにはならないから、大いに悩んでいい、といった内容だったと思います。
重要なのは前者でしょうが、人生の大事について日頃から決めておける人はそう多くないはず。かくいうぼくも当然そうで、あいかわらずいろんなことに思い悩んでいます。
『葉隠』には、恥をかかない方を選べば間違いない、といった教えもあったはずですが、何が恥かも今では曖昧。死ぬことを選べば恥をかかないから、転じて「武士道とは死ぬことと見つけたり」となったわけですが、そこも違うしなぁ。まぁ、そもそも武士じゃないし(笑)

next4.png
posted by Kazuki at 07:00| 『日々これ紙片』