2013年06月24日

ほころんだら直す

昨日「ほころぶ」ことがいいと書きましたが、かといってほころんだままだとみっともないので、それが何であれ大抵は修理修繕をします。それ、銭形平次の歌みたいですね。「男だったら一つにかける」と言っときながら、「かけてもつれた謎をとく」と。お前はどっち側に立ってるんだよ? あるいは、それ、おとり捜査なのか? と。
閑話休題。で、「直す」というのが好きなんです。まぁ、直し方にもいろいろありますが、これまた大抵は「わからないように直す」もの。となると、そこに傷があることを知っているのは、そのモノと持ち主だけになるわけで、そこに秘密の共有がうまれます。男女間でもそうですが、関係性で一番ワクワクするのは、二人だけしか知らない秘密を持つことですね。
そういうモノとのエロチックな関係が結べなくなった(=買い替えちゃった方が速いし安い)のが、ぼくらの文化を貧相にしている原因の一つとすら思います。
ちなみに「割れ鍋にとじ蓋」は「綴じた(=直した)」蓋であって、閉じる蓋ではありません。すねに傷持つ者同士、ですね。

next4.png
posted by Kazuki at 07:00| 『日々これ紙片』