2013年04月18日

『青い街』の由来

それは、1976年に週刊少年ジャンプに連載された星野之宣さんのマンガ『ブルーシティー』にちなんでいます。まぁ、大好きだったわけですね、そのマンガが。というか、『ブルーシティー』の読書は人生でも屈指の感動体験でした。
で、当時は「そんなマンガが描けるようになりたいものだ」と思ったりしたわけですが、残念ながらぼくにはマンガを描く才能はなく、いつしかブルーシティーは忘却の彼方にかすんでいってしまいました。
その後、紆余曲折あってカードゲームの制作に取り組むことになるのですが、そんな時富野由悠季さんのインタビューで「11、12歳までに好きだったものにこだわれ」という文言を目にしました。
http://tinyurl.com/5dojkc

「おぉ、そうだ、そうだ。中学生の頃に、岡本くんとトランプの新しいゲームを考えようとしていたよ、俺」と、ちょっとした自信を持つわけですが、同時に「そう言えば、当時の憧れはブルーシティーだったなぁ〜」と思い出し、メーカーの名前に決めた次第。
となれば、そのまま『ブルーシティー』でも良かったのですが、「何故、英語?」と思い、『ブラウシュタット』にしようとするも「何故、ドイツ語?」となり、そのまま日本語にして各言語で訳してもらうのがいいな、ということで『青い街』になりました。
見ての通り、表記を左右対称にしたのは、ちょっとしたデザインです。


aoi_moji.png



next4.png
posted by Kazuki at 22:56| 『日々これ紙片』