2012年09月14日

逆説は楽し

ロザリー・L・コーリーの『パラドクシア・エピデミカ』を読み進めている。いろいろと難解な部分があるため、「これは、まぁ、くり返し何回か読むことになるのだろう」と思うが、それで一向に構わない。言わば、一生ものの一冊という気がしている。何故なら、分からないところがありつつも、読んでいると妙に元気が出るのである。それはたぶん、パラドックスというものに対して、著者と訳者が無茶苦茶面白がっているからなのだろう。その笑いが伝染する感じ。稀有な読書体験だと思う。あっ、エピデミカって流行り病という意味か。

next4.png
posted by Kazuki at 01:12| 『日々これ紙片』