2012年07月29日

眠り

夏の昼寝は気持ちいい。窓からそよそよと風が入って来てくれれば、言うことなし。今がそう。
冬の炬燵でのうたた寝、あるいは湯たんぽで足元がじんわり暖かくなるのも気持ちいいが、個人的には夏の昼寝に軍配を上げたい。
ちなみに、春や秋、スムースに寝つけるのも良。というわけで、眠ることに関しては一年中何かしらの楽しみと幸せがある。
活きていることの喜びが、活きていないことによって感じられるアンビバレンツ。

next4.png 
posted by Kazuki at 11:19| 『日々これ紙片』