2012年07月07日

糊と酒

二つのものを結びつける「糊」は、時間の経過とともに固まっていく。一方、「酒」をその対比で考えてみるとおもしろい。
酒もまた、その製造工程において長い時間を必要とするが、それ自体は固まることなく、むしろ飲んだ人を溶かす。そして、関係性について言えば、飲んでいる人同士を結びつけることもあれば、台無しにすることもあって、効能は微妙。
個人的なことを言えば、未来のことを考える時にはあまり酒を必要とせず、過ぎ去ったことをくどくど考えてしまう時にそれを欲する。それはまるで、失われた時間を酒にこめられた時間で埋めるかのよう。ただし、飲み過ぎると、その時点の記憶すら失われてしまうので、元も子もない。
糊で固めたものがアルコールで溶かされるイメージもあり、この二つの関係は引き続き考えていきたい。

next4.png
posted by Kazuki at 08:06| 『日々これ紙片』