2011年11月11日

『日々これ紙片』

【 詳細 】

あるいは『解かれた書籍としてのカード』。人生を1冊の本とみなすならば、日々の暮らしはその1ページと言えるでしょう。ただし、全体をつらぬくストーリーがあるわけではありません。生きている瞬間のそれぞれは、前後のつながりが薄いページ、もしくはカードのように極めて断片的なもの。
そんなこんなを妄想しつつ、思いついたことを書きとめていくつもりです。

04_紙片礼賛.png



table4.png
posted by Kazuki at 06:00| はじめに・目次