2011年12月01日

概要

場に出されているカードの他に、手札からも裏向きにカードをセットして行う神経衰弱的なゲームです。セットしたカードは本人しか知らないため、そこに戦略なかけひきが発生します。
また、各数字のカードは奇数枚なので、最後に1枚づつあまることになります。『UNGERADEは』は、ドイツ語で『奇数』という意味。
簡単なルールで運の要素も強いゲームですから、お子さんから大人まで幅広くお楽しみいただけます。

UNGERADE_02.png

■ セット内容:1〜6までのカード60枚。数字によって枚数が違います。
■ 対象年齢 :8歳以上
■ プレイ人数:2〜5人
■ プレイ時間:15〜20分


next4.png
posted by Kazuki at 23:00| 『UNGERADE』