2014年09月17日

『パールへの道』11:ドイツと川崎

あらためてカードゲームについて調べてみると、そのメッカはドイツでした。カードゲームに限らず、テーブルゲーム全般に関してですね。
かれこれ20年ほど前ですが、ぼくはドイツに一度だけ旅行をしたことがあります。OPELのデザイン・コンテストで広告賞をもらい、その副賞でドイツとオーストリアに連れていってもらったのです。印象は先入観通りといいますか、清潔で堅実。大変気持ちの良い旅でした。

ぼくを知る人がすれば、「スギオカらしい」「カズキっぽい」という感じではないでしょうか。自分でもそう思います。特に田園風景が素晴らしく、バスから眺めてうっとりしたものです。
なので、カードゲームを通じてドイツとのかかわりができることは、ちょっとした喜びでした。
これまた先入観ですが、ドイツ人のきっちりしているところがゲームのルールを考えるのに向いているのかも知れません。

いろいろと調べた後、最初に買ったのは『ごきぶりポーカー』というカードゲームでした。
ゴキブリだけでなく、ハエやカエルといった嫌われている動物をお互いにおしつけあうゲームです。トランプの『ダウト』に似ていますが、もっと辛辣で、負ける人を一人だけ決めます。シンプルなルールで、かなり盛り上がるゲームです。
個人的に響いたのは、8種×8枚づつというカード構成でした。その枚数の美しさ! ちなみに、青い街のロゴはデジタル数字の「88」をあらわしています。


青い街と言えば、名前の由来は『ブルーシティー』というマンガです。小学4年生の時に読んだそのマンガがもう好きで好きで大好きで、カードゲームをつくり始める時にメーカー名にしてしまいました。
そのままブルーシティーにしなかったのは、「何故、英語?」と自問したからです。一方、ゲームのメッカがドイツならば、ブラウシュタットでも良いわけです。もちろん「何故、ドイツ語?」という疑問は生まれます。
いろいろ悩んだ結果、まずは日本語にしておいて、訳す必用があれば「ブルーシティー」なり「ブラウシュタット」にすればいいと考えました。

ちなみに、『ブルーシティー』が掲載されていたのは週間少年ジャンプでした。先にジャンプを買い始めたのは岡本くんで、やがてぼくも買うようになりました。ロボットや宇宙船がSFのテーマだった時代において、海底都市で人が生きていこうとする『ブルーシティー』は圧倒的な先進性でした。
それから30年が経ち、岡本くんと息子の暁くん、加えてぼくと息子2人の5人で『ごきぶりポーカー』をプレイしたのは感慨深い思い出です。


その後も『ハゲタカのえじき』『クーハンデル』『サメ警報』など、いろいろなカードゲームを買い求めました。ドイツのゲームには本当にお世話になっています。青い街のゲームがドイツ語タイトルなのは、ある種のオマージュです。そこではあまりひねらず、素直にドイツ語にしました。

さて、子供たちとも遊びましたが、大人と一緒に研究する場も欲しいと思いました。先々は自作のテストプレイをお願いしたかったこともあります。
「カードゲームで遊ぶ会」と銘打ち、友人・知人に声をかけました。場所は自分の都合を優先させる形で川崎。公共施設の会議室を使うことにしたからです。教育文化会館という建物の会議室を借りて、みんなには交通費だけを負担してもらいました。
毎回10〜15人が集まってくれて、楽しく「研究」したものです。

ところで、研究したからといって自分でゲームがつくれる保証はなかったわけですが、そこは全然心配していませんでした。おさない時からその志向があったせいか、根拠のない自信がありました。
そうして第1作目の『UNGERADE/奇数』が誕生します。


ここまでお読みいただき、ありがとうございました!
さて、次回は「パール誕生」です。


next4.png
posted by Kazuki at 11:41| 『パールへの道』