2014年08月13日

ジブリのこと

解散ではないということですが、制作体制が大きく見直されるとの話。
経営状態としては、随分大変な感じだったのですね。
あらためていろんな事情が出てきていて、何だか胸が痛みます。

宮崎駿監督の作品では、やはり『カリオストロの城』が一番好きです。
30数年前になりますが、中学生の時に劇場で見て、
それはもう感動しきりでした。
ちなみに、地方の劇場だったので、『Mr.Boo/ギャンブル大将』
『がんばれタブチくん』との3本立て。
豪華というか、何というか、お昼過ぎに入って、映画館を出た時には
あたりが暗くなっていたことを今でも覚えています。
そして、『カリオストロの城』が3本目だったので、もう一巡は無理!
残念に思いながら、家路についたのでありました。


さて、好きなものを思い切り作りつつ、経済的にうまくいかない
というのは非難されがちです。
ジブリに関しても、少なからずそうした指摘を目にします。
で、これはもう謝るしかないですね。
「すいません」。
ジブリに代わってというのは変ですが、心情的にはそんな感じです。
昨日からクラウンドファンディングでご支援いただき始めたので、
一層気持ちがダブるのかも知れません。

今週末には、南くんが貸してくれた『風立ちぬ』を見るつもりです。
見る前から涙腺がゆるむ気配を感じています。


next4.png
posted by Kazuki at 22:01| 『日々これ紙片』