2014年07月28日

吉祥寺でフィラデルフィアを思う

一昨日、吉祥寺のKONDO美術財団に行った際、理事長の西島さんからフィラデルフィア美術館のチラシを見せてもらいました。

これが大層凝った代物で、マルセル・デュシャンの大回顧展を新聞仕立てで見せたもの。マニア垂涎と言いますか、新国立美術館に寄贈される資料とのこと。1970年くらいのものでしょうか。いや、けっこうな逸品でした。

近藤竜男さんは、現代美術家としてもさることながら、長らくBT/美術手帖にニューヨークの記事を書いていたため、そのあたりの貴重な資料をたくさん持っていらっしゃる次第。久しぶりに、デュシャンに思いをはせたのでした。

http://tatsuokondo.com


next4.png
posted by Kazuki at 21:11| 『日々これ紙片』