2014年07月14日

少しづつ正直になってきています

いやいや。嘘をついてたわけじゃぁ、ないんですけどね。
少し前に書いたように、ブログを書くにはやっぱりどこかしら誰かしらに気を遣っていて、気持ちの100%を吐露するのって難しいんですよね。
が、起業をして、日々緊張の中にあると、少しづつ「これだけは言っておきたい」って感じになってきます。タイトルは、そんな感じのことです。

そういう流れがあって、先日は「世界平和」について照れずに書いたわけですが、そのポジティブな思いとは別に、子供たちに対する申し訳なさが根強くあったりもします。
原発問題しかり、集団的自衛権問題しかり。
こんな日本にしてしまって申し訳なかった、と。

一人の父親としては、できるだけ丁寧に、かつ愛情を持って子供たちに接してきたつもりです。随分と大きくなりましたが、息子たちは本当にかわいらしくて、彼らの存在こそぼくの生きる励みだと言えます。
ただ、一人の大人としては、「できる限りのこと」をしてきたとは言い難い。自分なりの主張は持っているものの、当然流された部分もありますし、何しろ今のような状態を止められなかった点は残念なわけです。

この年になって自分が信じるものに挑戦したかったのは、そうした気持ちと表裏一体の部分があります。
「これはいいもの! みんなが楽しくなれるもの!」を、世の中に提供していきたい。その一歩一歩が、子供たちの安心できる将来につながかれば、と。
そんな風に思っている次第です。


next4.png
posted by Kazuki at 19:39| 『日々これ紙片』