2014年07月11日

ニューヨークのマナー

昨日の「世界平和」の流れで(?)、今日は「マナー」について。

かれこれ四半世紀前にニューヨークにいたことがあるのですが、その街で一番好きだったのはバスや建物のドアを、前の人が後ろの人に送ることでした。で、送ってもらった人は「サンキュー」と。そして、その人が次の人にも同じことをする。
それは人種や職業、その他もろもろの違いを超えて、その街の人のほとんどが身につけているマナーでした。まぁ、バスに乗らない特権階級的な人はどうかわかりませんが。

そのことが好きで東京でも同じことをしてみると、割と脇をすり抜けられていくことが多いですね。ありゃりゃ、と。まぁ、こちらが好きでやっていることなので、怒ることはないんですが。

ってな話を考えている時に、facebookで流れて来たのが、現代美術家・河原温さんの訃報。ニューヨークにいる時、その作品を少しお手伝いをしたことがあり、卓球や麻雀で遊んだこともありました。
同業他者には厳しい人でしたが、子煩悩。作品はこれ以上ないほどシンプルですが、実はおしゃべり。と、いろいろなことが思い出されます。

シンクロニシティというんでしょうか。
ちょっと不思議な気分になりました。


next4.png
posted by Kazuki at 18:02| 『日々これ紙片』